絆プロジェクト辻堂|水辺の安全を一緒に学ぼう
バディとは相棒。相棒は互いに助けあう関係。
神奈川県公園協会辻堂海浜公園管理事務所 ☎0466-34-0011 ファックス0466-34-3733

インターネットからのお申し込みフォーム

ファックスからのお申し込み用紙ダウンロード

タイムスケジュール

09:30~09:45   開会式 ■開会宣言 ■来賓の方々のごあいさつ ■運営上の諸注意・案内
09:45~10:30 ウォーミングアップ
プログラム
集まれ湘南っ子 全体行動 参加者及び関係者全員でゲーム感覚で行うウォーミングアップ。
10:30~12:00 ローテーション
エデュケーション
前半
1.波乗り体験 波乗り体験

ローテーションエデュケーションは参加者(400名)が4つのグループに分かれ
ローテーションで行うプログラムです。

 

 

 

2.浮いて待て みんなdeトライ
3.君もライフセーバー 着たまま浮こう「浮いて待て!」
4.みんなde トライ 君もライフセーバー
5.蘇生法訓練 声を出して「パォ!」
12:00~13:00   昼休憩(オプション:自由参加「大声大会」)

1時間のお昼休憩です。大声コンテストと車椅子体験会を実施します。

13:00~14:30   ローテーションエデュケーション後半 午前中の続きを行います。
14:30~14:50 エンディング
プログラム
全体プログラム プログラムの最後は参加者全員が手をつないで大きな声を出します。
14:50~15:40   閉会式 ■閉会の言葉 ■終了後の案内 ■自由参加の案内
15:10~15:50   プール開放(自由時間) 自由参加プログラム。
  • ※保護者の正しい知識が、お子様の水難事故の防止に役立ちます。小学校4年生以下のお子様の場合、必ず一緒にご参加ください。

プログラム

  • 集まれ湘南っ子 集まれ湘南っ子

    ウォーミングアップを兼ねたプログラムです。
    参加者全員がひとつの行動を行い、全体の中の自分、全体への貢献や自身の役割を理解し、統一された全体行動を達成させます。
    最初のプログラムのため、参加者の理解は浅いですが、この全体行動は最後に行う全体行動と感動につながる序章でもあります。

  • みんなでトライ!1.波乗り体験

    ライフセーバーが実際に現場で使うレスキューボード(子供用:ニッパーボード)を使用して、波のプールで体験します。
    楽しみながら救助器材の使用方法を学んだり、海の知識・ルールを知りライフセーバー体験をしてもらいます。

  • 着たまま浮こう「浮いて待て!」2.浮いて待て!

    Tシャツやズボン、靴などを履いたまま浮く練習をします。
    肌への密着度や水の抵抗等が水着と異なり、浮くのにコツが必要です。そのコツを習得します。
    このプログラムは震災に伴う津波への備えです。

  • 波乗り体験3.君もライフセーバー

    ロープや大きなペットボトルなど身近な道具を使って、溺れている仲間を助ける体験プログラムです。
    人を救助するには技術が必要です。知恵やチームワークも必要になります。自身の安全確保も重要になります。
    それらのことを体験を通じ、仲間と一緒に学びます。

  • 君もライフセーバー4.みんなトライ 子ども対象

    集団のルールの中での自分の役割を判断するプログラム。
    小さな達成感を体感しながら、参加者が心をひとつにし、目的を遂行します。

  • 声を出して「パォ!」蘇生法訓練

    大人の方を対象に、AED(自動体外式除細動器)やCPR(心肺蘇生法)等の講習会を行います。
    実際の装置や訓練器具を使って訓練を行います。

  • 声を出して「パォ!」全体プログラム

    ローテーションエデュケーションの全てが終了し、再度全員が集まり全体行動を行います。当日を振り返って「楽しかった」「おもしろかった」でもすごく「勉強になった」と思える瞬間です。
    最後の全体行動を皆で成功させ、すべてのプログラムは終了となります。

  • 声を出して「パォ!」
    全体プログラム

    藤沢市南消防署職員によるAED(自動除細動器)の使い方講習も開催します。
    もしもの時に備え、AEDの知識や使い方を習得しましょう。

講師プロフィール

豊田勝義
豊田勝義

1961年生まれ
35年のライフガードの実績から「先ずは、やってみる」を愛言葉に、子ども達はもちろん大人達にも、水辺の安全を体験から感じ学んでいくプログラムを30年、日本各地で展開している。

■主な指導実績
日本ライフセービング協会 スーパーバイザー・日本赤十字社 指導員・国際救命救急協会 アドバンスインストラクター
レジャープール管理者養成講座 講師・インターナショナルライフセービング ライフガードインストラクター
エリスアソシエイト インターナショナルプールライフガードインストラクター
など
鎌田修広
鎌田修広

1969年生まれ
元消防士。18年間勤務のうち消防学校体育教官を9年務めた経験を活かし、(株)タフ・ジャパンを設立。現在は総務省消防庁消防大学校をはじめ、消防庁防災アドバイザーとして全国38の都道府県に出張し、年間約1万人の災強人材育成に従事。
著書に「消防筋肉」「消防メンタル」(イカロス出版)がある。

■主な指導実績
消防庁消防大学校「幹部科・救助科・救急科・新任教官科」・神奈川県消防学校「県下消防職員の実践的トレーニング」
北海道消防学校「心と体と勇気を育てる消防体育訓練」・青年会議所等「親父塾」・「防災講話」・「危機管理意識」
全国保育団体「命を守る防災のお話(実技)」・山梨学院大学「防災体質改善トレーニング」・日本体育大学「リーダーシップと命」
など

イベントについて

  • 第5回絆プロジェクト 【仲間づくりと水辺の安全を一緒に学ぼう】
目的 水辺に潜む危険性と水難事故の防止を、楽しみながら子供・保護者に知って頂くこと。新しい友だちをつくること。
開催日時 2017年7月2日(日)9:30~16:00(開場9:00 受付開始8:45 途中お昼休憩1時間含む)小雨決行 水温が22℃以下は中止
申し込み開始日 2017年5月29日(月)~
集合場所 県立辻堂海浜公園ジャンボプール(神奈川県藤沢市辻堂西海岸3-2)
募集人数 子供250名 大人250名 計500名 先着順(定員になり次第締め切り。プログラムにより若干名増える予定)
参加条件 小学校1年生以上~中学生以下 (小学校4年生までは必ず保護者同伴)※保護者は高校生以上
参加料 子供・大人一律:¥500(プール入場料は無料。参加料は当日持参)見学者は無料
持ち物 ■子供:水着、室内履きの靴(スリッパ不可)、Tシャツ、ズボン ■大人:入水する方は子供同様 お弁当、飲み物
駐車場 有料駐車場あり(800台)

会場アクセス   県立辻堂海浜公園ジャンボプール(神奈川県藤沢市辻堂西海岸3-2)

神奈川県公園協会辻堂海浜公園管理事務所 ☎0466-34-0011 ファックス0466-34-3733

インターネットからのお申し込みフォーム

ファックスからのお申し込み用紙ダウンロード

第一回の様子

第一回の様子[photo]

ファックスからのお申し込み用紙ダウンロード

参加ご希望の方は以下お申し込みフォームにご記入下さい。「個人情報保護の姿勢」に同意頂いた後、「内容を確認する」ボタンをクリックし、内容に間違いがないようでしたら、「送信」ボタンをクリックして下さい。
当協会から確認の返信メールをお送りする際、携帯やスマートフォンをご利用の方は迷惑メール解除を予め設定して下さい。迷惑メール設定のままですと、当協会からのメールが受信できない場合がございます(ドメイン:kizuna-tsujido.com)。

お子様の情報をご入力下さい。

必須 参加者様お名前
(子ども)

全角でご入力下さい 例)辻堂花子
 ふりがな
全角でご入力下さい 例)つじどうはなこ
必須 性別・年齢・学年 男性 女性
必須 小・中学校名 小学校 中学校
お子様の複数参加の場合はご入力下さい。(任意項目となっていますが、複数人でのご参加の場合は必ずご入力下さい。)
任意 参加者様お名前
(子ども)

全角でご入力下さい 例)辻堂花子
 フリガナ
全角でご入力下さい 例)ツジドウハナコ
任意 性別・年齢・学年 男性 女性
任意 小・中学校名 小学校 中学校

保護者様の情報をご入力下さい。

必須 保護者様お名前
(高校生以上)
 
全角でご入力下さい 例)辻堂太郎
 ふりがな
全角でご入力下さい 例)つじどうたろう
必須 保護者参加人数 保護者様が複数いらっしゃる場合はご記入下さい。
  人  
必須 代表者メールアドレス 半角英数でご入力下さい。
例)taro@kizuna-tsujido.com
必須 代表者
連絡先電話番号

携帯 ご自宅

半角英数でご入力下さい。
例)123-567-8910
必須 代表者ご住所

都道府県

市町村

番地等

個人情報保護の姿勢

利用者様からお預かりする個人情報を適切に管理することは、NPO法人 湘南ウォーターセーフティ協会(以下当協会)の事業活動の基本事項であるとともに、当協会の社会的責務であると考えております。よって、個人情報保護に関する方針を以下の通り定め、個人情報保護に取り組んでいきます。
「個人情報の取扱いの考え方」は、利用者様が当協会のサービスを利用しているときに適用されます。 NPO法人 湘南ウォーターセーフティ協会の「個人情報の取扱いの考え方」は、当協会が直接管理していない人や会社、団体などには適用されません。
情報の共有と開示
当協会は個人情報を販売したり、貸し出したりすることはいたしません。
以下の場合は、個人情報を開示することがあります。
1. 情報開示や共有について利用者様の同意がある場合。
2. 利用者様が希望するサービスを提供するために、情報の開示や共有が必要と認められる場合。
3. 利用者様にサービスを提供する目的で、当協会からの委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合。
4. 裁判所や警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合。
5. 当協会のサイト上で利用者様の行為が、利用規約やガイドライン等に反し、弊社の権利、財産やサービス等を保護する為、必要と認められる場合。
6. 人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合。
「個人情報の取扱いの考え方」の改訂について
「個人情報の取扱いの考え方」は一部、または全部を改訂する場合があります。
重要な変更がある場合には、当協会のホームページ上において、分かりやすい方法でお知らせします。

個人情報保護の姿勢・注意事項・イベント内容についてご了承いただけましたら、チェックをお願いいたします。

イベント当日はTVや雑誌等、メディアの取材が入る場合がございます。参加者様におかれましては、TV等で放映される可能性もございます。
また運営側専属カメラマンによるイベント風景の撮影も行います。イベント風景写真は、次年度の広報活動等に使わせて頂きます。
あらかじめご了承下さいませ。またご同意いただいた上で、お申し込み下さい。